2016年12月4日日曜日

いわきで医療職を志す中学生達と戯れてみた ~医学教室 浜通り2016~

2016年12月3日、医療人を志す子供の夢応援事業「医学教室」のコンセプトに賛同し、法人総動員で中学生達を戯れてみました。
医学教室?
なんのこっちゃ?
これは、県保健福祉部の主催で、福島県の地域医療に貢献できる人材の育成を目的に医療人ネットワーク合同会社(ふくしま子供医科大学)が企画した福島県内の中学生を対象にしたイベントです。
2016年8月に県教育委員会が実施した「医療体験セミナー」に参加した南相馬・いわき両市の中学生13名が参加してくれました。
11月26日に、常磐病院で高度先進医療を見学し、その役割を学んできてくれたメンバーなので、今回は、医療のもう一方の側面 プライマリ・ケアの意義と役割を体感してもらうことに尽力しました。


先ずは、病院の各部署で多職種がどんな業務をしているか探検ツアーをしてもらった上で、直に多職種のスタッフから各職種の詳細な業務内容の解説とディープな進路相談!
嬉しいことに、医師を志す中学生も数人いたので、医師になるために必要な志について直伝し、最大限のエールを送りました。
そんなこんなで、あっという間に午前中が過ぎ去りました。


さて、気怠い土曜の午後も寝かせませんよ!
午後のセッションは、医師による急性疾患に対する治療は奏功したものの、それだけでは発症前の日常生活動作獲得にまでは至らなかった廃用症候群の患者さんのケアをどうするか?という「重~い」テーマに対して、グループ・ワーク形式でみんなに対峙してもらいました。
正直、ハードルが高いかな?と思いながら見守っていたのですが、中学生たちの発想は、凝り固まった僕等のつまんない発想とは一線を画し、斬新かつ大胆でありながらも、ひじょ~に利用者目線で、私たち医療従事者、特にベテランと呼ばれるほど経験年数を重ねたスタッフほど忘れがちな甘酸っぱくも情熱的な想い蘇らせてくれました。
で、最も驚いたことは、地域包括ケアシステムの要素(医療・介護・住まい・介護予防・生活支援)全てに関する解決策をグループ・ワークを通して捻出してくれたこと…

「医療は医学の社会的適応である」という武見太郎先生(元日本医師会会長)の名言のとおり、理系に分類される科学としての医学のプロフェッショナルという側面と、社会学 つまり 患者・家族・地域(時にスタッフ間)とのコミュニケーション能力を求められる医療人の特殊性と面白さ(旨み)を感じ取ってくれたものと期待しています。




2016年12月3日土曜日

うーんマンダン 「糖分は当分控えましょう!」 ~糖尿病教室~

2016年12月1日、かしまDMサポートチーム主催の糖尿病教室の講師を務めさせていただきました。

日々の診療では様々な制約があるので、なかなかできないけれど、絶対にやるべきこと・・・
それは、ひたすら聴くこと!
今回は、敢えてレクチャーを準備しませんでいた。
と言えば格好いいですが、準備する時間も能力も無かったのですが…
与えられた20分をほぼ全て質疑応答に充てることにしました。

で、出るは出るは…
患者さん達の素朴な疑問の蓄積の多さに驚愕しつつ、その想いの広さと深さを教えていただき、感謝感謝の35分間(予定の15分オーバー)でした。

後日、思いがけず ご丁寧なお礼状まで頂戴し、全然 準備していなかった後ろめたさと、聴くことの重要性を再認識した次第です。


2016年11月28日月曜日

「死」と「笑い」の融合 ~かしま病院 平成28年度 院内講演会「Death Education」~

社団医療法人 養生会 かしま病院 平成28年度 院内講演会の第2弾は…
埼玉県秩父郡 国保町立小鹿野中央病院の内田望先生による「Death Education」でした。

おもしろおかしく旅立つ
 ~人生の最期に「よかった」と言える生き方~

日時:平成28年11月25日(金) 17時30分~18時45分
場所:社団医療法人 養生会 かしま病院 コミュニティーホール

よりよく生き、よりよく逝く ために、終末期医療に携わる医療関係者はもちろん、超高齢社会を生きるすべての皆さんに考えていただきたいテーマですので、最高に“おもしろおかしい”講師をお招きしました。



いきなり内田先生の特技であるマジックで幕を切った講演。
軽妙でユーモアあふれる語り口。
話が進むにつれて、私たちの日常で敬遠されがちな「死」と、対極にある「笑い」が、徐々に一つのものとして融合していくのを感じました。

思えば私は、医師として患者さんの看取りに関わる時、その患者さんにとって重要な役割を担うものと自惚れに近い感覚を持っていたかもしれません。
しかしながら、主役である患者さんの長い人生劇場において、所詮 医療従事者はほんの脇役でしかないことを認識することの重要性を教えていだたきました。

ところで皆さんは、自分の死について考えたことがあるでしょうか?

例えば、どんな病気で死にたいですか?
①癌
②心筋梗塞
③脳卒中
④老衰
⑤その他
⑥私は死なない

⑥を選択された方は、今すぐ病院に行った方が良いそうです。(笑)
賛否両論はあると思いますが、私は①で死にたいです。
最も計画的に人生の最期を迎え易いからです。
苦痛の緩和方法も他の死に方に比べるとある程度確立されつつあります。
お世話になった方々にちゃんとお礼の気持ちを伝えられる可能性も高いでしょう。
④も穏やかで捨てがたいし、内田先生の研究では一般的に一番人気らしいのですが、最期にずっと寝ていたり、多くは認知症をともないやすいため、お世話になった方々に「あんた誰?」ということも…

人は終末期に以下のことを願うようです。
①愛されていることを感じたい
②自分らしく生ききりたい
③希望をつなげたい
④惜しまれて死にたい
⑤苦しまないで死にたい
⑥心癒されて平安に死にたい

私見ですが、病院以外の住み慣れた環境で最期の時を過ごすことは、上記の⑤以外のすべてを叶えやすいように思います。

「Death Education(死の準備教育)」とは
自分に与えられた死までの時間をどう生きるかを考えるための教育
死に対して主体的に考えるための教育
        アルフォンス・デーケン「生と死の教育」岩波書店 2001

死の多くが病院という場所で起きる現代。
死が医療関係者以外の皆さんにとって一般的に身近でなくなった現代。
Death Educationは容易ではないかもしれません。

しかし、ご講演の中で、自宅や介護施設など、病院以外の場所で看取りを経験したり、Death Educationを受けた ご家族や介護スタッフは、看取り後に、人の死について肯定的に考えるようになり、人の死への恐怖心が緩和され、自分の死に方についても積極的に考えるようになるという研究結果が示されました。

「ああ、これでいいんだ!」
これまで通り、バンバン個々のご意向に沿った看取りをサポートし、いい看取りをたくさん経験していくことが、患者さん、ご家族、スタッフ、自分自身にとって、最高のDeath Educationになることを確信しました。
そして、そんな役回りが出来る医療・介護職に身を投じている私たちは最高にやりがいのある職業に就いていることを再認識しました。
勿論、主役ではなく、「笑い」に火を付ける名脇役としてですが…

深い悩みは深い学びの種 ~第 117 回 FaMReF @ 郡山~


月例のレジデント・フォーラム

人事異動による自身の転勤を、担当患者にどう伝えるか?
病状が不明確な中、病状説明に手間取った時どうするか?
独居患者の在宅看取りに必要なものは?
社会的問題に起因する精神的問題へのアプローチは?
地域包括ケアに関わる多職種ワークショップを企画・運営した成果をどう評価・報告するか?

指導医にとってもなかなか悩ましいテーマが続々…
しかし、深い悩みは深い学びの種
いかにも家庭医らしい学びの示唆に富んだ事例をもとに活発な意見交換がなされました。

その他、韓国、英国交換留学の報告と恒例のCinemeducationが行われました。


2016年11月7日月曜日

秘密結社が征服する地域医療 ~2016年度 第6回 いわき志塾「医療」~

2016年11月5日(土)、2016年度 第6回 いわき志塾が開催されました。

震災のあった2011年度から公益財団法人 東日本大震災復興支援財団の「福島こども力プロジェクト」の支援を受けて立ち上げられたいわき生徒会長サミット!
もともと「30年後のいわきのリーダーを育てよう!」ということで始まった企画でしたが、震災直後に大多数の子供たちが一時いわきを離れたという現実に直面した時、いわき市教育委員会の先生方は「これでは未来のいわきはない」と危機感を持ち、もっともっと、「いわきじゃなくちゃダメなんだ!」と、いわきを熱く愛する若者を育てていかなければならないと痛感し、ますます熱意をもってこのプロジェクトを推進しているそうです。
4期目に突入した2014年度から、生徒会役員でなくとも、志さえあれば参加は自由となり、いわきグローバルアカデミー「いわき志塾」と命名されました。
各界で働く大人を講師に招いて、小グループ9班に分かれて、計9名の講師のうち、2名の生き様についてレクチャーを受け、次のセッションでは、インプットされた情報から得た個々の考えを、医療人2名の共通点などを考慮しながらグループ内でアウトプットしていきます。
最後のセッションでは、各グループが参加者全員に向けて、たった7分間という限られた時間内で伝えたいことをプレゼンするという構成です。

今回のテーマは「医療」ということで、一昨年度に引き続き、講師として中学生達と絡ませてもらいました。


9名の講師陣。
日々医療に携わっているという共通点はあるものの、その職種や業務内容・経歴は、あまりにも多様です。


奇人変人の話にも真剣に耳を傾けてくれる、素直な子供たち。


パワーポイントや動画撮影、寸劇などを取り入れて、他の参加者に、自分たちが学んだことを、短時間で分かりやすく伝えるための準備。
当然、講義を終えて油断している講師陣にも容赦なく無茶振り的な協力要請が来ます。


子供たちの突飛な発想には感心させられました。
まさか、地域医療征服をたくらむ秘密結社の幹部として料理してもらえるとは・・・(感涙)



準備したはずのパワーポイントが消えてしまうトラブルにもめげずに、生の演技力だけで熱い想いを伝えきってくれたチームも・・・


セッション後に提出された子供たちのワークシートを見て、あらためて若者の瑞々しい感受性を認識し、わたくしの奇人変人ぶりが伝染しないことを祈るばかりです。
いずれにせよ、子供たちの活力や斬新な発想、エネルギーに毎年勇気をもらっています。


手荒な講師お見送り・・・


2016年10月30日日曜日

アレックスから学ぶ いわきの地域医療のあるべき姿

 2016年10月20日から11月11まで、メキシコからの交換留学医学生のJosé Alejandro Guerra(通称:アレックス)が福島に滞在し、県内各地に点在する地域・家庭医療学講座の教育拠点を見学・実習しています。勿論、かしま病院にも 10月25日から29日まで滞在し、私たちから多くのことを学び、私たちに多くのことを残して行ってくれました。
 彼の話によると、メキシコの医療システムは、日本と異なり、一次・二次・三次医療圏が明確に区分されているようです。一次医療圏では、予防医学を含む高頻度な状況に対する基本的な医療サービスが提供されます。扱われる健康問題は全体の80%程度に及び、国内全域の一次医療をカバーするべく、家庭医のみならず、アレックスのような医学生たちも、一次医療圏の戦力として第一線で活躍しているようです。二次医療圏は、一次医療を経て、循環器科、神経内科、腎臓内科、消化器科などのように、より専門的な診断・治療・ハビリテーションを必要とする患者に対し、総合病院や地域完結型の病院、小児専門病院や周産期医療センターなどで提供されます。三次医療圏は、国立医療センターや国立衛生研究所などに代表される先進技術を提供する特別に専門的な病院のネットワークです。 ここでは、二次医療圏の病院から紹介された、ごく稀な疾患の患者やハイリスク患者、より重症の患者の治療が行われます。メキシコでは学生も総動員で一次医療を支えているという事実と、アレックスの医学知識と医療技術の高さに驚かされました。
 しかし、アレックスとのやりとりの中で、私はあることに気づきました。私は学生であれ医師であれ見学(のみ)は認めない主義です。この地を訪れた以上、ただ見るだけでなく、いわきの地域医療に何らかの形で参加してもらっています。その考え方は、メキシコの医学教育や一次医療の現場に通じるものがあるように思いますし、「このまま続けていけばよい」と後押しされた気持ちになりました。
 よく呑み、家庭医療への熱い想いを語るアレックスに自分と同じ匂いを感じつつ、自分とは全く違い小顔でイケメンの彼の輝かしい前途を確信しました。
 




2016年10月16日日曜日

只見―いわき 往復6時間の距離を超えて… (第116回 FaMReF)



講座月例の Family Medicine Resident Forum(FaMReF)
本来は、月に一度 講座の指導医や研修医らが一堂に会して学ぶ機会です。
とはいえ、広大な福島県内ですから、西端に位置する只見と東端に位置するいわき間の移動は困難を極めます。
半日の勉強会への移動に半日かかるという状況を補うために、今回は通常の教育や打ち合わせ等に活用しているTV会議システムを活用して、只見開催のFaMReFに いわきから参加しました。
当日、かしま病院は電源システム点検のために停電という状況だったので、急遽バタバタと自家発電からTV会議システムに電源を引いて、なんとかフォーラム開始に間に合わせることができました。
協力してくださったシステム管理の皆さんに感謝!

直接参加が原則のFaMReFですが、県内各地の拠点では、留守番部隊も要るわけで、本来参加できなかったメンバーも、リアルタイムでフォーラムの内容を確認できて、ディスカッションに参加できることは、とても有用で、今後、この方法も積極的に取り入れていきたいと思いました。