2018年4月19日木曜日

“コネ”と 医の倫理 ~実践家庭医塾~

今宵の家庭医塾では、冒頭、昨年度末に晴れて専攻医を卒業した藤原学先生に、プログラム責任者の葛西教授から、研修修了証書が贈呈されました。
これからは指導医として益々ご活躍いただきたい、というよりも、既に早速そのような手腕を発揮されているので心強い限りです。


次に、理事長ご自身から、超高齢・多死社会を見据えた、未来のニーズに応えられる面倒見の良い病院を目指していく かしま病院のビジョンが語られ、付随してAdvance Care Planningのあり方や、それを取り巻く世間体などのディスカッションで大いに盛り上がりました。

最後に「“コネ”と 医の倫理」と題して、久々にわたくしがプレゼンを担当しました。
身近な人、家族、自分自身、VIP、たまたまネットで繋がった方などに対して、医師としてどのように関わるべきか?
皆さんの豊富な実体験をもとに、様々なご意見や工夫、対策を授かり、大変勉強になりました。

2018年4月15日日曜日

海外ゲスト&新人歓迎! 第132回 家庭医療レジデント・フォーラム@かしま病院

今年度も新しい専攻医をかしま病院に迎え入れることができました。
今回の家庭医療レジデント・フォーラムは、新人オリエンテーションを兼ねた内容でした。

また、すっかり葉桜になった鹿島千本桜がある矢田川沿いで「かしま ふれ愛 さくら祭り」が行われていたので、昼食の食料ゲットをかねて皆で繰り出しました。

午後には、英国から訪問している家庭医 Will Brook先生からのプレゼンもありました。
家庭医は、患者さんと最初にコンタクトして診断や治療を施すだけでなく、継続的に関わり、ずっとそばにいることで存在そのものが癒しになる。
プライマリ・ケアや家庭医の歴史を物語る多くの写真を用いて、そういった感じの心意気を語ってくれた。ような気がする…





2018年4月5日木曜日

あっちゃん、新人の皆さんと絡むの巻



院内研修委員会のご厚意で、新入職者の皆さん相手に「あっちゃん漫談」と題した、たっぶり1時間かけて、変態「石井 敦」が自己紹介するという危ないプログラムが毎年組まれています。
好例なのか辛例なのか降霊なのかは不明ながら、実際 恒例となっています。
自身としては、変態増殖のための非常に贅沢な機会を与えていただいていると思い感謝申し上げます。
自己紹介といえど、結局、プライマリ・ケアとは何ぞや? 家庭医療・総合診療とはなんぞや? というところに帰着するのが「石井 敦」の自己紹介です。
年々、プレゼンのノリが順調にヤバい方向に向かっているのですが、その分、新人オリエンテーションでの他の部署からの講義三昧に疲れ果てた新人君たちへの良いアクセント(オアシス?)になっているものと、勝手に信じています。
今年の新人の皆さんの印象としては、例年カターい雰囲気満載の空間から いかに解す作業から入るのですが、今年は柔和な感じがしたのは何故でしょう?
積極的な質問も出て、未来への明るい兆しを感じることができました。
余談ですが、今年度から これまで部長すらいなかった総合診療科の部長職を拝命しました。
奇しくも本日は、かしま病院の創立記念日。
記念式典で語られた理事長の「かしま病院は、地域の面倒見の良い病院を目指します」の力強いお言葉に、総合診療科・家庭医の役割の重みを再認識し、明日へ向かって猛進していく決意を新たにしました。

2018年4月1日日曜日

かしま病院・クリニックかしま統合のお知らせ

エイプリルフールですが、下記記述は嘘ではありません(笑)

クリニックかしまは、平成30年4月1日よりかしま病院と統合してかしま病院外来として一本化することとなりました。

・ 外来診療や診察場所等については、従来通り変更はございません。
・ 診察券はクリニックかしまのものを引き続きご使用いただけますので ご安心ください。
・ 診療所から病院に変わることで、料金が変わる診療内容もございます。

予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

これからも地域のための医療機関として、より充実した医療を皆さまに提供できるよう取り組んでまいります。リニューアルした『かしま病院』を、今後ともよろしくお願いいたします。

いろいろあってクビになりました

いろいろあって、2018年3月31日の診療を最後に想い出多きクリニックかしまを退職することになりました。
なんと退職金もZERO~
つまりクビ!(笑)
4月からは新天地で頑張ります。

詳しくはこちら

2018年3月17日土曜日

第9期 研修修了記念講演 & 祝賀会 ~第131回 家庭医療レジデント・フォーラム~

今年度、当講座は2名の精鋭を福島産の家庭医として世に送り出します。
われらがスーパードクターFと、北斗神拳 第64代伝承者「ケンシロウ」が、それぞれの輝きを放ちながら羽ばたいてゆきます。

今日の家庭医療レジデント・フォーラムのメインプログラムは、専攻医 第9期生2名の研修修了記念講演でした。



真摯に家庭医療に向き合い追究し続けた福島での3年間を振り返り、渾身のプレゼンテーションをしてくれました。
2人の共通点は、地域の医療の現場で求められること ≒ やりがい・生きがい
つまり、やりたいことを生きがいを感じながら努めることが、そのまま社会貢献になり、それが更なるやりがいにつながっていく…
これは、社会人・医療人として とても幸せなことだと思います。

これから専門医を取得していく彼らですが、その後も生涯にわたって家庭医として自ら学び続ける準備が整ったことをプレゼンテーションを通して確認することができました。
それぞれの強みをこれからもどんどん伸ばして成長していくのが楽しみです。

祝賀会の詳しい様子はこちら


2018年3月15日木曜日

家庭医塾10年生の想い ~実践家庭医塾~



 今夜の家庭医塾は、当塾に10年間通い続けてくださっている生え抜きの塾生である、おざかクリニック 小坂博美先生による特別講演「家庭医塾10年生の想い」でした。
 外科医として がん告知や終末期ケアなどの臨床現場での苦悩を経て、開業された後もプライマリ・ケアの現場での暗中模索の日々…
 そんな中、出逢った家庭医療。

 家庭医塾入塾直後の戸惑い
→視野の拡大
→系統化による実践
→ケアの分析と普遍化作業の重要性の理解
→単なる開業医から“かかりつけ医”へのステップアップ

 患者中心の医療の方法を深く学ぶ過程でみられた ご自身の行動変容について、10年間蓄積&熟成された想いを熱く語っていただきました。
 家庭医塾の準備段階から関わらせていただいている身としては、家庭医塾の成果を塾生側からお示しいただけたことが何より嬉しい ひと時となりました。

 福島県立医科大学 医学部 地域・家庭医療学講座では、福島県内の医療機関と協力して、すでに地域で医療を実践されている先生方やコメディカル等を対象に、質の高いプライマリ・ケア、地域医療を提供するために必要な知識・技術・態度・価値観を身につけ、その能力を維持するためのセミナー形式の家庭医療生涯教育プログラム(家庭医療セミナー「実践家庭医塾」)を開講しています。社団医療法人養生会かしま病院も協力医療機関の一つとして、平成19年度から現在に至るまで、家庭医療セミナーinいわき「実践家庭医塾」を、コミュニティーホールを主な会場として月1回程度継続開催しています。これまでの実践家庭医塾では、家庭医を特徴づける能力(患者中心の医療、家族志向ケア、地域包括プライマリ・ケア、健康問題の心理・社会的アプローチ、共感できる人間関係の維持・強化)に関する基礎知識と基本スキルを身に着けるためのレクチャーがおおむね終了し、最近では、一方向性のレクチャーだけではなく、参加者が実際に経験した患者さんのケアの実例を通して、より良いケアを提供するための、より実践的な方法の紹介やインタラクティブなディスカッションが展開されています。

 今日の医師不足、特に地域医療の担い手の不足は社会的問題になっていますが、地域医療に従事する医師確保につながる有効な打開策は確立していません。また、日本では、すでに地域で医療を実践している医師の多くは臓器専門医です。専門外の症状を訴える患者を診療することへの不安やスキル不足が、病状の軽重を問わず診療応需困難を招いているというケースもあるでしょう。また、すでに地域で開業している先生方の多くは、質の高いプライマリ・ケア、地域医療を提供するために必要な能力を開業前に系統的に研修できる機会を持てず、各自が診療の現場で必要な知識や技術を後になって独学で学ばなければならなかったりと、個人的努力に依存せざるを得ない場合も多く、円滑かつ質の高い地域医療の実践は容易ではない現状です。

地域医療を実践している開業医が提供する医療サービスを充実させるために、どのような生涯医学教育プログラムが有用であるかを示すエビデンスに関しては、老年医学領域の生涯教育に限定した研究において、従来の講義とスライドショーによる生涯医学教育は効果が不充分であり、インタラクティブで到達目標が明確なプログラムが有効である1)ことが示されていますが、地域医療全般を対象にした研究エビデンスとしては、インターネットに拠点を置く生涯医学教育の有用性を示唆する研究にとどまっています。しかも、それらの研究の多くは受講者(医師)満足度調査データに基づいており、受講により診療行動の改善に至ったことを示すいくつかの研究はあるものの、患者や地域の健康問題に対するアウトカムを評価した研究エビデンスはまだありません2)。この実践家庭医塾が地域住民の健康問題に関するアウトカム改善につながるかどうかは未だ明らかではありませんが、より有効なセミナーになるよう、よりインタラクティブで到達目標が明確なプログラムを目指していきたいと考えています。

 過去の実践家庭医塾受講者のうち開業医師22名を対象としたアンケートでは、実践家庭医塾で取り上げて欲しい内容(複数回答可)として、日常診療のノウハウ 77.3%、スキルアップを図れるもの 63.6%、これからの家庭医療について 59.1%、患者中心の医療について 50.0%、すぐに使える診断ツール 45.5%、良くある症例・見落としがちな症例などの診断及び読影法 31.8%、家族志向ケアについて 31.8%効率的なケアについて 27.3%、コミュニケーション技法 27.3%、最新の医療情報 27.3%、不得意な診療科目の各論 27.3%、持ち寄りによる症例検討 18.2%、臨床教育について 18.2% など、家庭医療実践のために重要なスキルの修得へのニーズの高さがうかがわれました。また、フリーコメントとして「(参加して)今までとは異なる視点から医療を見ることが可能となりました。今まで自分で何となく行っていた診療が、学問的、データ等に裏付けられることを知り、非常に役立っています。」「開業後、プライマリ・ケアの技術論にのみ目を向けてきましたが、数ヶ月のセミナーを通じて基本理念の大切さに気づきました。ケアの基本理念を診療の上でより意識化することで、私自身のコミュニケーションスキル、ケアスキルが向上していることを実感します。今後も総論的テーマを随所に織り交ぜながら、セミナーを進められることを期待しています。」など、当セミナーの有用性を示すご意見が寄せられ、家庭医療後進国と位置付けられている日本でも、家庭医療の教育および家庭医療を活用した医療サービス提供のためのシステムを整備することが必要であると実感しました。セミナーの継続的開催が、地域住民と地域で働く医師との強固な信頼関係の構築につながり、いわき地域のプライマリ・ケアの質の向上に寄与することを目指して活動を続けてまいりたいと思います。

 実践家庭医塾は、過去の講座を受講していなくても各回単独で内容が理解できるように配慮しています。また、医師向けのセミナーでありながら、コメディカルはじめ他職種の方々にとっても学びの機会になるように工夫していますので、家庭医療に興味のある方ならどなたでも大歓迎です。先ずはお気軽にお問い合わせください。みなさんのご参加を心よりお待ちしています。

会場:かしま病院コミュニティーホール
日時:各月1回開催 いずれかの木曜 19時~(1時間程度)

参加お申し込み先:社団医療法人養生会 かしま病院 「地域医療連携室」 担当:井沢(いざわ)
Email: k-izawa@kashima.jp /TEL: 0246-76-0350 / FAX: 0246-76-0352

1)  Thomas DC, Johnston B, Dunn K, Sullivan G, Brett B, Matzko M, Levine SA.Continuing medical education, continuing professional development, and knowledge translation: improving care of older patients by practicing physicians.Journal of the American Geriatrics Society. 54(10):1610-1618, October 2006.
2)  Curran VR, Fleet L. A review of evaluation outcomes of web-based continuing medical education. Received 9 February 2004; editorial comments to authors 17 May 2004, 22 June 2004; accepted for publication 19 July 2004